たばこの煙の悩み3 たばこのヤニ汚れがイヤ!

紙巻たばこの不満点といえば「ヤニ汚れ」がよく挙げられます。見た目だけでなく、一緒に染みついたニオイも含めて気分がよくないものです。

長年紙巻たばこの煙に晒され続けた壁紙や家具に付いたヤニを取るのはとても困難です。賃貸物件の場合、ヤニ汚れがひどいと費用請求されるケースもありますし、お気に入りの家具がヤニで汚れてしまったらと思うと嫌ですよね。

長年蓄積されたヤニは雑巾で水拭きするだけといった落とし方では落とせません。専用のヤニ取りクリーナーや洗剤などを用意して掃除するのも大変ですし、とはいえ業者に頼むと高額の費用がかかる可能性もあります。

また紙巻たばこの喫煙者の方で歯にヤニが付いて黄ばんでいる方を見ませんか。歯は意外と目につくものです。清潔感がなく感じてしまうため、第一印象が悪く感じられる可能性があります。

加熱式たばこをご存知ですか?

加熱式たばこは「火」を使わず「加熱する」たばこ。燃やすわけではないので出るのも「煙」ではなく、蒸気です。

紙巻たばこの煙と加熱式たばこの蒸気を2つの部屋で比較した結果、紙巻たばこを吸った部屋に比べ加熱式たばこの方はヤニの付着が少ないという結果が出たのです。

これならたとえ部屋で使ったとしても、壁紙に付くヤニ汚れをそれほど気にする必要はありませんし、大掛かりな掃除の手間だってありません。ヤニで歯が黄ばむといった心配もほとんどありません。

「No! ヤニ汚れ」篇

No!けむハラアンバサダー募集中!
あなたもアンバサダーになりませんか?